0宣言の家を認めた
研究者たちの紹介

医療法人山桃会Y・H・C矢山クリニック理事長

矢山 利彦 医師 外科医

1980年、九州大学医学部卒業。同大学院博士課程で免疫学を専攻。2001年、矢山クリニックを開院。経絡エネルギー測定器ゼロサーチを開発し、西洋医学、東洋医学、歯科医科統合、自然療法を気の観点から融合した医療を実践。ガン、リウマチ、アトピー、喘息などの難病に高い治療効果をあげている。著書『気の人間学』『あいうえお言霊修行』他多数。

佐賀県佐賀市大和町大字尼寺3049-1 TEL: 0952-62-8892
公式サイト http://www.yayamaclinic.comyayama

現在の医療は原因を問わずに症状だけを抑えようとしているように私には見えます。「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」と孫子の兵法にもあるように、病気はなぜ起きるのかがわかっていれば戦い方もわかるが、原因を扱わず、現象だけを扱ってしまうと、敵も知らず、己も知らず、戦わなければいけないわけです。病因をデトックスして身体をピュアーしない限りはよくはなりません。何事も「本気でやればできる!」。住医学研究会は日夜研究を続けています。接着剤などに使われている化学物質は、自己免疫疾患を引き起こしやすいです。アトピー性皮膚炎やシックハウス症候群(頭痛、不眠、目やのどの痛みなど)がそうです。化学物質を徹底的に排除し、可能な限り自然の素材を使って家づくりをする。それが、家族の健康を守ることにつながるのは間違いありません。この病院も住医学研究会が認める家づくりを意識して建てています。ここにくる患者さんの体が少しでも楽になるようにとの想いからです。「治療装置としての建物」がコンセプトで、さまざまなところから体を癒す気が出てくるように、風水なども取り入れて設計しています。面白いカタチをしているんですが、カタチがつくりだす空間が、また、人間のエネルギーをよく動かしてくれる。場のエネルギーが生命エネルギーを上げてくれる。待合室にいるだけで体が楽になる人が多いんですよ。

首都大学東京名誉教授、放送大学客員教授

星 旦二 教授 

1950年、福島県生まれ。首都大学東京(旧東京都立大学)名誉教授。福島県立医科大学を卒業し、東京大学で医学博士に。東京都衛生局、厚生省国立公衆衛生院、厚生省大臣官房医系技官併任を経て現職。英国ロンドン大学大学院5ヵ月間留学。公衆衛生のエキスパートとして、全国地方自治体などと共同し、寿命とさまざまなファクターとの関連を大規模調査するなど「健康長寿」に関する研究と主張を続ける。著書に『これからの保健医療福祉行政論』(日本看護協会)、『ピンピンコロリの法則』(ワニブックスPLUS新書)など。

公式サイト http://www.hoshitanji.com

我が家の2月の寝室温度は『6.4度』でした。数年前に大手ハウスメーカーに施工をお願いして家をつくったのに、この室温の低さと湿気が一緒に暮らしていた母親の呼吸器機能を低下させてしまう原因となってしまい、今では後悔しています。家そのものに疑問を感じていた頃に、無垢材を基本として作られた家に宿泊する機会がありまして、わたし自身大変驚かされました。真冬の朝にもかかわらず『17度』もある室内温度や熟睡度の違いに衝撃を受けました。素材が違うだけでこんなにも体感が違うのかと身をもって体験しました。皆さんに声を大にしてお伝えしたいです。健康に気を使っている方は、ぜひ家づくりにもこだわってください。家というハード面と家族団欒の時間や熟睡できる住環境のソフト面は、健康な身体づくりにとって、とても関係の深いものだからです。自然素材の持っている力に衝撃を受けたわたしは、我が家の一部を自然素材にリフォームしました。その効果を日々実感することができ、再び嬉しい衝撃を受けています。

とまこまい脳神経外科、岩見沢脳神経外科、
大川原脳神経外科病院、別海町立病院小児脳神経外科部長

高橋 義男 医師 脳神経外科医

1949年、北海道生まれ。札幌医科大学卒業後、中村記念病院に勤務。札医大、北海道立小児総合保健センター勤務などを経て、2005年、とまこまい脳神経外科、岩見沢脳神経外科、大川原脳神経外科病院、別海町立病院小児脳神経外科部長就任。住医学研究会顧問。

北海道苫小牧市光洋町1丁目12番20号 TEL: 0144-75-5111
公式サイト http://www.tomanouge.jp

病気の原因として「食べ物、生活習慣」と世の中でよく言われますが、昨今の研究調査により「環境」が「健康」と密接な関係があり、様々な影響を及ぼすことが分かってきました。いくら良い治療を行い、食生活を改善しても、環境が悪いと根本的な改善は難しいと言えるでしょう。我々は、人生の中で思考や工夫に長時間を使う、且つ寝食をともにする家〟つまりは「住居環境の意義」にメスをいれたのです。世の中にたくさんある〝健康住宅〟というものには根拠が無いものが多い、そんな現状の中、〝多くの医師〟〝学識者〟そして何よりも〝実際に住んでいる人達〟とで住宅を分析追求しました。そして、良い住宅環境に住めば、自然に脳と体が健康になるという検証結果を得ることが出来ました。〝心は脳にあるのです…。一軒でも多く、根拠ある本物の健康住宅を普及させるために研究会の会員を広く募集します。

高畠歯科クリニック

安日 純 医師 歯科医

1958年、山形県生まれ。日本顎咬合学会認定医、バイオブロック・マスターほか数々の資格を持つ。所属学会は日本歯周病学会、日本顎咬合学会、日本感染症学会、日本抗加齢医学会、日本糖尿病協会など。1997年、高畠歯科クリニックを開業。現在は理事長。

山形県東置賜郡高畠町大字上平柳2099-2 TEL: 0238-58-0814
公式サイト http://www.takahatasika.com

病気の原因として「食べ物、生活習慣」と世の中でよく言われますが、昨今の研究調査により「環境」が「健康」と密接な関係があり、様々な影響を及ぼすことが分かってきました。いくら良い治療を行い、食生活を改善しても、環境が悪いと根本的な改善は難しいと言えるでしょう。我々は、人生の中で思考や工夫に長時間を使う、且つ寝食をともにする家〟つまりは「住居環境の意義」にメスをいれたのです。世の中にたくさんある〝健康住宅〟というものには根拠が無いものが多い、そんな現状の中、〝多くの医師〟〝学識者〟そして何よりも〝実際に住んでいる人達〟とで住宅を分析追求しました。そして、良い住宅環境に住めば、自然に脳と体が健康になるという検証結果を得ることが出来ました。〝心は脳にあるのです…。一軒でも多く、根拠ある本物の健康住宅を普及させるために研究会の会員を広く募集します。

経営コンサルタント、澤田塾 塾長、ウェッジグループオーナー

澤田 升男 先生 

1963年生まれ。25万部を超える大ヒットとなった、『神様が宿る家』の著者。23歳で売上数千万円の父親の工務店を継ぎ、僅か3年で10億円企業に成長させた実績を持つ。ダブル断熱工法を開発し、全国の会員工務店800社を傘下にする巨大ネットワークを形成。特許及び国土交通省の認定取得は、実に19にも及ぶ。現在は、様々な業種を続けるかたわら、日本全国で本当に良い家づくりの普及のため講演活動を行っている。

岐阜県岐阜市中之保3669-1 TEL: 058-216-5188
公式サイト http://wedge-g.com

わたしは、国の法律が大手ハウスメーカーにとって有利にできており、住んだ人が病気になって長持ちしない危険な家が「良い家」として推奨されている事実を知りながらも、何もできない自分に対してじくじたる思いで長い年月を重ねてきました。しかし、工務店経営時代に自分で建てた家がたった5年でリフォームの必要にせまられ、3人の娘たちがアトピー性皮膚炎を発症したことで、ようやく決心がつきました。「もう二度とお客様の不利になる家はつくらない。今日から接着剤やビニールクロスなどの体に害のある材料の使用を禁止する。材料がなければ命懸けでつくる。それができなければ会社をつぶす!」と社員の前で宣言したのです。体に悪い材料を一切使わず本物の家をつくれば、家が長持ちするのはもとより室内の空気がきれいになり、自然治癒力が高まります。わたしがセミナーで推奨している工法の出発点がそこにありました。

陰山 康成 理事長
医療法人社団 癒合会 高輪クリニック

吉田 光範 院長
芦屋漢方研究所・吉田内科クリニック

須﨑 恭彦 院長
須﨑動物病院

直原 廣明 院長
直原ウィメンズクリニック

西迫 真 医師
にしさここどもクリニック

西迫 潤 院長
にしさこレディースクリニック

柴田 真一 院長
SSクリニック

三浦 正利 理事長
医療法人社団恵耀会 三浦歯科醫院 理事長

金城 敬 院長
おおひら歯科クリニック

生田 図南 院長
生田歯科医院

丸山 修寛 院長
丸山アレルギークリニック

船戸 崇史 院長
船戸クリニック 院長

杉田 穂高 院長
日本根本療法協会 理事 杉田歯科医院 院長

野城 健太 院長
野城クリニック(のしろクリニック) 院長

その他大勢の医師や研究者の方から
支持されています。

back to top
資料請求・お問い合わせ
医師が薦める本物の健康住宅 | ゼロ宣言の家
TEL: 0120-201-239